|【2021年】厳選!格安スマホ/インターネット |

格安スマホ/ネットの参考書

格安スマホ&ネット通信

文字サイズ

WiMAX2+ルーターWiMAXはどの機種がおすすめ?


WiMAXのルーター端末は選べる機種が多く、どの機種を契約するべきか迷ってしまいますよね。

WiMAXでは3年契約が一般的です。機種変更するとしても約3年後なので、できるだけ最新機種を選ばないと、途中で変えたいと思っても違約金の支払いが必要です。

WiMAXの契約では最新機種のルーター端末を選ぶのが一番おすすめ。使い慣れているなどの理由で古いルーター端末を選ぶ方もいますが、初めてWiMAXを利用する場合は比較不要で、最新機種のルーターを選択すれば問題ありません。

結論からお伝えすると、2021年4月現在、おすすめのWiMAXの端末はWX06、HOME 02です。 それぞれ、モバイルルーターとホームルーターにおける新しい機種で、速度面では1つ前の機種に劣るものの、現在入手できる端末の中では繋がりやすさに優れた機種です。

WiMAX 機能比較表

WiMAXには、どこで契約してもエリア、速度に違いはありません。 その理由は、WiMAXの回線はすべてUQコミュニケーションズが提供する回線を借りた(MVNO)だから。 つまり、速度を決めるのはWiMAXルーターの性能になります。

WiMAXプロバイダでは、基本的に端末価格も0円キャンペーンを実施しています。 WiMAX端末は価格が0円なので、性能の高い最新機種の中から、あなたにあったルーターを選べます。

WiMAX ルーター Speed Wi-Fi NEXT WX06 Speed Wi-Fi NEXTW06 WiMAX HOME L02 WiMAX HOME 02
 Speed Wi-Fi NEXT WX06 Speed Wi-Fi NEXTW06 WiMAX HOME L02 WiMAX HOME 02
発売日 2020/1/30 2019/1/25 2019/1/25 2020/1/30
ネットワーク WiMAX 2+ au 4G LTE WiMAX 2+ au 4G LTE WiMAX 2+ au 4G LTE WiMAX 2+ au 4G LTE
通信速度(受信) 440Mbps 1.2Gbps 1.0Gbps 440Mbps
通信速度(送信) 75Mbps 最大75Mbps 最大75Mbps
サイズ 111x62x13.3mm 128x64x11.9mm 約93(W)×178(H)×93(D)mm 約70(W)×155(H)×100(D)mm
重量 約127g 約125g 約436g 約338g
最大接続可能数 最大16台 最大16台 最大約40台 最大22台
電源 バッテリー バッテリー ACアダプタ ACアダプタ
使用時間 約14時間 約9時間

持ち運び可能なモバイルルーターの最新機種はWX06、自宅用のホームルーターの最新機種はHOME 02です。

最新機種でも全てにおいて性能が高いわけではなく、項目によっては前の機種の方が優れている場合があります。 例えば、WiMAXにおいて最大通信速度が最も速いのは1つ前の機種であるW06とL02です。

どちらも、au 4GLTE回線と接続できるハイスピードプラスエリアモードを利用することで、最大1Gbpsという高速通信が可能です。 一方、バッテリーの持ちを表す連続通信時間は、最新機種WX06が最も優れています。

さらに、最新機種のWX06、HOME 02は通信性能に優れており、旧機種と比較してもルーター端末本体のつながりやすさや、電波接続の安定性が向上しています。

WiMAX端末の3つのポイント

  • ・ルーター端末の通信速度
  • ・対応通信モード
  • ・連続通信時間
ルーター端末の通信速度

WiMAXのルーターを比較する上で、最も重要となるのが通信速度です。

WiMAXのルーターを契約したにも関わらず、インターネットをサクサク使うことができないのでは話になりません。
そのため、通信速度(上り・下り)は高速なルーターほどおすすめと言えます。

上り・下り速度とは?
下り速度とは、インターネット検索や動画視聴、音楽ダウンロードなどをする際の通信速度。データをダウンロードする際の速度の目安となります。一方、上り速度とは、ブログやSNSで画像ファイルなどをインターネット上にアップロードする際の速度を指します。一般的に、最大速度を紹介する場合は下り最大速度が指標として使われています。

最も高速通信が可能となるのは、モバイルルーターではW06ホームルーターではL02。どちらもWiMAXルーターでは史上最速の機種となっています。

最近のWiMAXルーターでは、通信モード・通信技術どちらも向上してきているため、契約するのであれば、新しいルーター端末が必然的におすすめとなります。

連続通信時間(バッテリーの持ち)

WiMAXのモバイルルーター端末を使う方にとっては、連続通信時間(バッテリーの持ち)も大切なポイント。 外出中もWiMAXのモバイルルーターを利用するという方は、バッテリーができるだけ長く持つ端末が良いですよね。

WiMAXルーターの中で、最も連続通信時間が長い機種はWX06。2021年1月に発売した最新機種となっており、バッテリーの持ちはWiMAXルーターの中では最長。そのため、バッテリー重視という方にはおすすめの端末となっています

自宅専用で使うならならのホームルーターがおすすめ!

WiMAXの契約を検討している方の中には、自宅用で持ち運びをするつもりはないという方であれば、ホームルーターがおすすめです。

ホームルーターを利用するメリットは以下の点です。

ホームルーターのメリット
・工事不要!ルーターをコンセントに接続するだけですぐ使える!
・コンセント接続なのでバッテリーを気にしなくて良い
・モバイルルーターと比較し、インターネット接続が安定する
・最大40台もの端末と同時接続が可能

モバイルルーターと異なり、ホームルーターはコンセントに接続して利用します。コンセント接続することですぐ利用でき、固定回線のような工事は一切不要です。

また、コンセント接続なので端末バッテリーを気にする必要はなく、常に自宅で快適にインターネットを利用することが可能となっています。

さらに、モバイルルーターと比較すると、ホームルーターは同時接続台数が多く、電波受信に強い機能を搭載しているため、安定したインターネット接続が可能です。そのため、電波が届きにくい自宅にいても快適に利用することができます。

モバイルルーターWX06がおすすめな理由

新機能「バンドステアリング」

WiMAXの通信では、2.4GHzと5GHzという2種類の周波数が存在しています。

「バンドステアリング」機能では、バンドステアリングは2.4GHzと5GHzの通信状況を分析し、自動的に最適な周波数へ接続するようになっています。

まとめ

WiMAXのルーターで抑えておきたいポイント
  • ・持ち運び用なら、繋がりやすいルーター端末WX06がおすすめ!
  • ・自宅やオフィス用ならホームルーター端末L02がおすすめ!
  • ・WiMAXルーター契約の際は、キャンペーンを含めた料金を比較すること!
  • ・通信エリアが不安ならWiMAXのルーター端末をレンタルすることも可能!