|【2021年】厳選!格安スマホ/インターネット |

格安スマホ/ネットの参考書

格安スマホ&ネット通信

文字サイズ


光コラボレーションとはどんなサービスなのか?

光コラボとは光コラボレーションの略称で、NTTフレッツ光の回線を他の事業者が別のサービスとして提供している光回線のことです。

そもそも「光コラボ」とは、NTT東日本/西日本が提供する光回線「フレッツ光」を各事業者(プロバイダーなど)が借り受け、さまざまな独自サービスなどを付加して各社の“ブランド”として「プロバイダーと回線サービスが一本化されたサービス」という言い方もできます。

これにより回線の速度や品質はそのままに、たとえば同一商品でも小売店ごとに価格が違うのと同じく、光コラボ事業者は「価格」や「付加価値(サービス)」など、それぞれの“セールスポイント”を押し出すことが可能になりました。

その結果、競争原理が働き、ユーザーとしてはより安価に使える、多様なサービスを受けられる、といったようなメリットを受けられる機会がグッと増えたのです。

光コラボレーションのサービス?

回線がフレッツ光と同じこともあり、回線速度はフレッツ光と同じ上下最大1Gbpsです。

<フレッツ光と光コラボの違い>
フレッツ光 光コラボレーション
回線事業者 NTTの回線 NTTの回線
契約方法 NTTと直接契約 光コラボ業者を通して契約
プロバイダ契約 プロバイダ業者と直接契約 光コラボ業者を通しての契約
料金支払い先 NTTとプロバイダ業者 光コラボ業者のみ
スマホセット割 なし あり

フッツ光よりも光コラボが優れいている点を上げると、セット割が利用できるというところが大きいです。

SoftBankやau、ドコモといった大手キャリアはもちろん、格安SIMとのセット割が適用できる回線もありますよ。

また光コラボを利用すると、光コラボ独自のキャンペーンやサービスが利用できるという魅力もあります。

<光コラボを契約するメリット>

  1. フレッツ光よりも料金が安くなる可能性大
  2. フレッツ光からの転用なら工事費・違約金不要
  3. 光コラボ同士での乗り換えなら工事費不要
  4. プロバイダとセットになっていることがおおい
  5. スマホとのセット割が利用できる場合がある
  6. 光コラボレーション独自のサービスが利用できる

<光コラボへ乗り換える時の注意点>

  1. IPv6接続を利用しなければ速度が遅い場合も
  2. 転用で電話番号が消滅する場合がある
  3. 転用手数料がかかる場合がある
  4. NTTで通信障害が起きると光コラボでも通信障害になる

知っておきたい!光回線の速度・目安とは?

知っておいていただきたいのが光回線の速度を測る単位や速度の目安です。

以下の表に、速度を表す単位と測れるものをまとめたよ!

<光回線の速度に関する単位とその意味>
用語 解説
下り速度(ダウンロード速度) 読み込み速度のこと。
下り速度が速いと動作再生などでの読み込み時間が短縮されます。
上り速度(アップロード速度) 送信速度のこと。
上り速度が短いと画像や動画などをアップロードする時間を短縮できます。
bps 通信速度の単位。
Gbps>Mbps>kbpsの順で速度が変わります。
ping値 オンラインゲームで操作と画面のズレ(ラグ)を測るもの。
数値が小さいほど有利です。
ms(ミリ秒) ping値の単位。

インターネット通信をするときは、必要な速度が用途によって変わる!

以下の表に、主な用途における必要な速度の目安!

<インターネットの利用目的ごとの速度の目安>
利用目的 インターネットの速度の目安
メールの送受信
YouTube再生
5Mbps以下
シンプルなサイトの閲覧
ブログの更新
光テレビ視聴
5~10Mbps
ソフトのダウンロード
音や映像サイトの閲覧
YouTubeの4K画質の再生
25Mbps以上
PS4などのオンラインゲーム
大容量のデータダウンロード
100Mbps以上

5Mbps以上出ていればメールの送受信や動画再生など軽い用途はこなせます。

しかし、ゲームデータや動画ファイルなど、大容量データをダウンロードする場合は、100Mbps以上の速度があったほうが快適にインターネットを利用できますよ。

IPv6接続を利用しなければ速度が遅い場合も

光コラボは、IPv6接続のサービスを利用できないと速度が遅くなるケースがあります。

なぜなら光コラボは、フレッツ光や他社光コラボと回線を共有しているため、夜間などは利用者の増加で回線が混雑してしまうからです。

そこでIPv6接続対応の光コラボへ乗り換えれば、回線混雑を避けて通信できるので回線速度の改善が期待できます。

スマホとのセット割が利用できる場合がある

光コラボの中には、スマートフォンとのセット割に対応している光回線があります。

<スマホセット割が利用できる光コラボ>
スマホセット割 割引金額 光コラボ
ドコモ光セット割(ドコモ) 最大1,100円 docomo光
auスマートバリュー(au) 最大1,100円 So-net光プラスビッグローブ光
おうち割光セット(SoftBank) 最大1,100円 SoftBank光

セット割を利用することでスマートフォン料金を安くできるため、結果的に月々の出費を大幅に削減できます。

セット割

「転用」はNTTから変更する手続き

光コラボレーションと合わせて、「転用」という言葉を耳にするかと思います。

転用とはフレッツ光を使っている方が、他の会社に契約を切り替えることを意味します。

光コラボレーションではNTTの回線をそのまま使うため、この時に基本的に工事などは必要ありません。コラボレーションに変えても、フレッツ光の「違約金」は基本的にNTTから利用者に請求が行くことはありません

光コラボレーション事業者ならではのサービスを受けられる

光コラボレーションの最大の特徴が、その会社ならではのサービスを受けられることです。

例えば、「U-NEXT 光」では、毎月1本無料で最新映画をみれるポイントをもらえます。

事業者独自のサービスを受けられる

回線とプロバイダーをまとめるだけでなく、スマホとのセット割で毎月の携帯料金の割引、電気契約と組み合わせるセット割、ポイント還元サービスなど、各事業独自の特典も。これらを積極的に狙っていくのもいいでしょう。

月額料金が安くなる可能性が大きい

光コラボレーションは「独占」に近かったNTTの光回線に比べて料金が安くなりやすいというメリットがあります。

光回線はは一戸建てなのかマンション(集合住宅)で、契約体系が変わりますが、それぞれで以下のような料金だと思います。

トータル 基本料金 プロバイダ料
一戸建て・東日本 6700円前後 5700円 1000円前後
集合住宅・東日本 4550円前後 約3750円 800円前後
一戸建て・西日本 6800円前後 5400円 1000円前後
集合住宅・西日本 4500円前後 約3700円 800円前後

これが光コラボレーションだと以下のような料金体系になります。

光コラボ 一戸建て 集合住宅
docomo光 5200円 4000円
SoftBank光 5200円 3800円
So-net光プラス 3980円~ 2980円~
ビッグローブ光 49800円~ 3980円~

※光コラボレーションの一例・プロバイダ料金を含む

以上のように、コラボレーションにすると月々の料金の大幅な削減を目指せます。

料金が複雑になる可能性

コラボレーション事業者によっては、料金プランや縛りが複雑なのでわかりにくくなってしまう恐れがあります。

  • キャッシュバックなどを受ける代わりにオプションに加入
  • 光回線とは関係ない光コラボレーション事業者独自のサービスへの加入

以上のような契約になると料金体系が今よりも複雑になってしまいます。そのため、どのオプションに申し込んだのか、違約金はどれくらいかかるのかなどをきちんと把握することが大切です。

解約などがしにくくなる可能性大

光コラボレーション事業者の多くが2~3年間の契約の縛りを設けています。この期間で解約すると違約金が発生します。

フレッツ光をご利用の方は、切り替えると「これから」縛りの期間が発生するので、今より長い期間縛られてしまうことになります。

光コラボでオススメの回線を紹介!

光コラボは約500以上の種類があります。

今回は、主な光コラボの月額料金やセット割に対応するスマートフォン回線、IPv6接続の利用可否を一覧にまとめました。

<光コラボ比較表>

光コラボ 戸建て 集合住宅 スマホセット IPv6接続 特典
GMOとくとくBBのドコモ光 5,720円 4,400円 docomo キャッシュバック
ソフトバンク光 5,720円 4,138円 Softbank キャッシュバック
auひかり 6,160円 4,180円~ au
【So-net 光 コラボ】 6,138円 4,928円 au 2年間月額料金割引有
@nifty 5,720円 4,318円 au キャッシュバック
楽天ひかり 5,280円 4,180円 楽天モバイル スマホと光申し込み1年間無料
DTI光 5,180円 3,960円 au
ビッグローブ光 4,478円 4,378円 au
BIGLOBEOモバイル
キャッシュバック
【OCN光】 5,115円 3,740円 OCNモバイルONE キャッシュバック
IIlmio光 5,456円 4,356円 IIlmio 1年間月額料金割引
hi-ho光 4,895円 3,575円 hi-ho
ぷらら光 5,280円 3,960円 -
【excite光】 4,796円 3,696円 -
enひかり 4,738円 3,630円 - 縛りなし