|【2021年】厳選!格安スマホ/インターネット |

格安スマホ/ネットの参考書

格安スマホ&ネット通信

文字サイズ

<

WiMAXのホームルーターはおすすめ?光回線との違いを比べてみました

WiMAXのホームルーターは家で使うネット回線としてはどうなんでしょうか?

結論から言えば、WiMAXのホームルーターは家用のネット回線としておすすめできます。

また、以下のような疑問を持っている方にも参考になる情報を解説していきます。

WiMAXのホームルーターのメリット・デメリットや光回線との比較まで詳しく見ていきましょう。

WiMAXのホームルーターって何?

WiMAXのホームルーターは、機器をコンセントに接続するだけで、ネットに接続できる据え置き型のWi-Fiルーターです。

光回線のように開通工事を行う必要なく利用が始められます。

WiMAXといえば持ち運びに便利なモバイルルーターが一般的ですが、ホームルーターのラインナップもあります。

ホームルーターでも料金プランは同じで、端末代も無料、無制限で使えるなど、サービスはそのままです。

申し込みから機器が届いたらすぐに使い始められるので、「今すぐにネット回線が必要な方」や「テレワーク用のネット回線が必要な方」におすすめです。

WiMAXのホームルーターのメリット

WiMAXホームルーター

WiMAXのホームルーターのメリットとしては以下が挙げられます。

【WiMAXのホームルーターのメリット】
  • 開通工事不要でコンセントに繋げばネットが利用できる
  • ・配線や接続機器も不要でホームルーター1台でスッキリ置ける
  • ・ホームルーターの中でも速度が速い
  • ・家の中なら安定してネットに接続できる
  • ・室外でもコンセントがあれば使える
  • ・データ容量無制限で使い放題
  • 同時接続台数が多い

開通工事不要でコンセントに繋げばネットが利用できる

WiMAXのホームルーターは、新たな開通工事が不要で機器をコンセントに繋ぐだけでネットが使い始められます。

光回線の場合は、利用開始には開通工事を行う必要があり、場合によっては申し込みから利用開始まで日数を要するケースもあります。

WiMAXのホームルーターであれば、申し込みから長くても数日程度で利用が開始できます。

「ネット回線をすぐに始めたい方」や「転居先ですぐにネットを使い始めたい方」などにはおすすめです。

接続機器も配線も不要でホームルーター1台だけ

WiMAXのホームルーターで使用する機器は、据え置き型のWi-Fiルーター1つのみで、コンセントに繋ぐだけなので周辺もスッキリします。

光回線ではモデムからLANケーブルでルーターに繋ぐのでケーブルでゴチャゴチャした感じになってしまう。

WiMAXのホームルーターは白い筒状のデザインの機器でインテリアにこだわる方でもマッチしやすい。

置き場所はコンセントがあれば場所を問わないので、置き場所にも困らないのがいいです。

ホームルーターの中でも速度が速い

ホームルーターには、WiMAX以外にはSoftBankのSoftBank Airのサービスがあります。

通信速度を比べてみると、WiMAXは他社のホームルーターよりも通信速度に優れているのがメリットです。

WiMAX SoftBank Air
下り平均速度 45.89Mbps 41.91Mbps
上り平均速度 6.14Mbps 5.95Mbp

※2021年5月時点「みんなのネット回線速度」より

ただし、光回線と比較すると通信速度は落ちるので注意してください。

WiMAX 光回線全体
下り平均速度 45.89Mbps 238.24Mbps
上り平均速度 6.14Mbps 182.77Mbps

※2021年5月時点「みんなのネット回線速度」より

光回線と比べれば通信速度はおきますが、サイト閲覧、SNS、ビデオ通話、動画視聴、オンラインゲームなど、快適に利用する上での速度はは十分です。

室内の中なら安定してネットに接続できる

「Speed Wi-Fi HOME L02」の受信範囲

「Broad WiMAX」より

室内の中で使用するWi-Fi機器としては、どの場所でも安定してネットに接続できなければいけますん。

ホームルーターを設置した場合に、設置した部屋以外で接続が途切れるようだと不便です。

WiMAXのホームルーターなら、戸建てで使用するWi-Fi機器として専用設計がなされているため、どの場所でも接続が安定します。

例えば、最新機種の「Speed Wi-Fi HOME L02」では、指向性を持った4本の高感度アンテナを配置することで、360度全方位をカバーし、優れた受信感度を示しています。

スマートフォンなどのWi-Fi機器(受信端末)の位置を検知し、受信端末の位置を検知して、電波をピンポイントに送信する「TXビームフォーミング」にも対応しています。

家全体での繋がりやすさを考えても、WiMAXのホームルーターは非常におすすめです。

室外でもコンセントのある場所なら使える

WiMAXのホームルーターは、コンセントがある場所ならどこでも使用ができます。

引っ越ししても転居先でホームルーターをコンセントに挿せば、ネットへの接続が可能といゆうことです。

SoftBank Airもホームルーターとして有名ですが、契約した住所以外での利用ができません。

コンセントがあればどこでも使えるのが、WiMAXならではの特徴と言えます。

データ容量無制限で使い放題

WiMAXのホームルーターは、月々のデータ利用量が無制限で使い放題となっています。

スマホのように利用するギガを気にしながら使う必要はありません。

インターネットの利用が多い方には「データ容量無制限プランの有無(ギガ放題プラン)」は非常に重要です。

WiMAXならいくら使っても月額料金はそのままで非常にお得です。

但し、3日間で10Gの速度制限がありますので、その点は注意が必要です。

同時接続台数が多い

WiMAXの最新機種Speed Wi-Fi HOME L02の場合は、同時に最大約40台の端末との同時接続に対応しています。

同じWiMAXのモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W06」と比較してもその差は歴然です。

現実的に40台もの端末と同時にに接続することはないとと思いますが、同時に接続端末が多いほど複数の端末と接続する際に安定した接続ができるともいえます。

パソコンやスマホ、タブレット、スマート家電、ゲーム機など、あらゆる端末がネットに接続していることを考えると、ホームルーターの接続安定感が際立ちます。

さらに、ホームルーターは、LANケーブルによる有線接続にも対応しており、優先接続することでWi-Fi接続よりも安定した高速通信が可能です。

WiMAXのホームルーターのデメリット

WiMAXのホームルーターのデメリットは以下になります。

【WiMAXのホームルーターの注意点】
  • 直近3日10GB以上の利用で速度制限 にかかる
  • ・持ち運びには不便
  • ・光回線と比べると通信速度は落ちる
  • 違約金が高い

直近3日10GB以上の利用で速度制限にかかる

WiMAXの現在のメイン回線・WiMAX 2+のギガ放題プランは、月間データ通信量の制限なしですが、その一方で、データ通信量が「3日で10GB」を超えた場合に限り、翌日の混雑時間帯におおむね1Mbpsに速度が制限されます。

速度が制限される時間帯は翌日18:00~26:00

3日間のデータ通信量が10GBを超えた日の翌日18時頃から翌々日2時頃までの間、速度が制限されます。なぜこの時間帯なのかというと、夜から夜中にかけてのこの時間帯が最もネットワークが混雑するからです。

それ以外の時間帯は通常時と同じく、速度制限なく 利用できます。

速度制限はその月の間ずっと続くわけではありません。通信量が10GBを超えた翌日18:00~26:00の8時間だけです。

持ち運びには不便

ホームルーターは、コンセントのある場所ならどこでも繋ぐことはできますが、それでも持ち運び自体は不便です。

サイズは約93(W)×178(H)×93(D)mm(Speed Wi-Fi HOME L02)ですし、重量も約436gとあらからです。

家でも外出先でもネットを使いたいという場合には、モバイルルーターの方が適しています。

光回線と比べると通信速度は落ちる

WiMAXは光回線と比較して通信速度は落ちます。

WiMAX 光回線全体
下り平均速度 45.89Mbps 238.24Mbps
上り平均速度 6.14Mbps 182.77Mbps

※2021年5月時点「みんなのネット回線速度」より

日常的なネット利用やテレワークにおいて問題は生じませんが、その差は明らかです。

「4Kの映画をダウンロードする」「最新のオンラインゲームを楽しむ」といった場合に、通信速度に不満が生じることもあるかもしれません。

違約金が高い

WiMAXに申し込む際は、違約金の設定を必ず確認しておきましょう。

解約違約金はブロバイダによって異なりますが、金額は光回線の解約金より高めの設定になっています。

解約のタイミングによっては、最大31,350円の違約金がかかるので注意が必要です。

WiMAXの違約金については下記のようになっています。

解約のタイミング 違約金(税込)
12ヶ月以内 31,350円
13〜24ヶ月以内 25,850円
25ヶ月目以降 10,450円
更新月(37ヶ月目) 0円

※Broad WiMAXの場合

WiMAXの契約期間満了月の翌月1ヶ月間が更新月と設定されており、このタイミングで解約すれば違約金はかかりません。

契約期間は利用初月を0ヶ月目とし、翌月から1ヶ月~をカウントしていきます。

例えば、2021年4月15日に開通した場合、1ヶ月目は2021年5月、更新月の37ヶ月目は2024年5月です。

解約金が低額なWiMAXブロバイダーは下記です

BIGLOBE WiMAX 2+⇒1年契約、解約金1,100円、契約期間終了後は契約解除料はかかりません。

UQ WiMAX ⇒2年契約、解約金1,100円。

ギガ放題ならどれ?「WiMAX」「光回線」を比較!

「使い放題のネット回線」には、さまざまな選択肢があります。

ここでは、WiMAXホームルーターと他のサービスを徹底比較していきます。

まず最初に簡単な比較表をご覧ください。

回線名 工事 利用場所 接続方法 平均速度 速度制限
WiMAX
ホームルーター
不要 家:◯
外:△
有線:LAN
無線:WiFi
下り:48.3Mbps
上り:8.35Mbps
あり
光回線 必要 家:◯
外:×
有線:LAN
無線:WiFi
下り:253Mbps
上り:202Mbps
なし
WiMAXモバイル
ルーター
不要 家:◯
外:◯
有線:USB/LAN
無線:WiFi
下り:39.63Mbps
上り:6.44Mbps
あり
SoftBank Air 不要 家:◯
外:×
有線:(LAN)
無線:WiFi
下り:33.65Mbps
上り:5.32Mbps
あり

※平均速度:「みんなのネット回線速度」より

【ポイント】
  • ・開通工事不要でネットを使いたい人:WiMAXホームルーター
  • ・外出先でもでもネットを使う人:WiMAXモバイルルーター
  • ・通信速度にこだわりがある人:光回線

WiMAXホームルーターと光回線を比較

項目 WiMAX 光回線
工事 不要 必要
月額料金 4,000円~4,800円 4,000円〜6,000円
利用場所 家内:◯
屋外:△
家内:◯
屋外:×
接続方法 有線:LAN
無線:wifi
有線:LAN
無線:wifi
平均速度 下り:48.3Mbps
上り:8.35Mbps
下り:253Mbps
上り:202Mbps
速度制限 あり なし
【光回線の特徴】
  • ・通信速度は圧倒的に速い
  • ・利用には開通工事が必要
  • ・屋外では利用できない
  • ・月額料金は戸建てでは割高、マンションは割安い

光回線はWiMAXと比較すると、圧倒的に優れている通信速度が魅力です。

利用には開通工事が必要で、住宅タイプや家の場所によっては工事ができないケースもあります。

但し、フレッ光を利用中で光コラボに転用の場合は工事不要です。

WiMAXのホームルーターとモバイルルーターを比較

比較項目 ホームルーター モバイルルーター
工事 不要 不要
月額料金 4,000円~4,800円 4,000円~4,800円
利用場所 家内:◯
屋外:△
家内:◯
屋外:◯
接続方法 有線:LAN
無線:wifi
有線:USB/LAN
無線:wifi
平均速度 下り:48.3Mbps
上り:8.35Mbps
下り:39.63Mbps
上り:6.44Mbps
速度制限 あり あり
  • ホームルーターがおすすめな人⇒家の中で安定したネットを利用したい人
  • モバイルルーターがおすすめな人⇒屋外で頻繁にネットを利用する人
【WiMAXモバイルルーターの特徴】
  • ・持ち運びに屋外でも使える
  • ・クレードルを使えばLAN接続も可能
  • ・通信速度は若干落ちる

モバイルルーターは、端末がコンパクトで携帯性が高く、屋外でもネットを利用する方におすすめです。

通信速度や料金については、ホームルーターと同程度で、対応するクレードルを使用すればLANケーブルによる有線接続にも対応しています。

WiMAXのホームルーターはどんな人におすすめ?

WiMAXのホームルーターがおすすめなのは、以下のような人です。

【WiMAXホームルーターがおすすめな人】
  • 光回線がエリア外or工事ができない人
  • 引っ越しの機会が多いor期間限定で今の家に住んでいる人
  • テレワーク・オフィス用のネット回線を探している人

光回線がエリア外or工事ができない人

光回線に申し込もうとした際に「サービスエリア外だった」「工事ができないと言われた」などの理由で加入ができないケースが多くあります。

WiMAXのホームルーターであれば、開通工事不要で利用できるため、光回線が導入できない方でも申し込ます。

特に、賃貸物件では工事ができないことが多いため、WiMAXのホームルーターを利用してみてください。

引っ越しの機会が多い

転勤などで 定期的に住む場所が変わるような方にも、WiMAXはおすすめです。

光回線だと引越しのたびに手続きをする必要があり、場合によっては撤去工事費や転居先での開通工事費が発生します。

WiMAXのホームルーターなら住所変更手続きをするだけで、引越し先でもすぐにネットが使えます。

テレワーク・オフィス用のネット回線を探している人

テレワークなど仕事用のネット回線をお探しの方も多いでしょう。

WiMAXのホームルーターは、申し込みからすぐに使えて、通信も安定しているので仕事用にもおすすめです。

速度制限はありますが、制限がかかるのは夜間帯なので仕事に支障が出ることもないでしょう。

ホームルーターだと同時に数多くの端末と接続しても、通信が安定するのでオフィス用のネット回線としてもおすすめです。

WiMAXを申し込むならどこがおすすめ?

WiMAXのホームルーターは、ブロバイダ、ブロバイダ代理店のWebサイトから申し込みが可能です。
なを申し込み窓口によって月額料金やキャッシュバック、各種割引などの違いがあります。

主なWiMAXの窓口ごとの各種費用は下記の通りです。

ブロバイダ 月額料金 契約期間 キャッシュバック 端末
★BroadWiMAX★ 4,413円 3年 0円
GMOとくとくBB 4,688円 3年 0円
DTI WiMAX2+ 4,136円 3年 0円
カシモWiMAX 3,971円 3年 0円
BIGLOBE WiMAX 2+ 4,378円 1年 0円
UQ WiMAX 4,268円 2年 0円

WiMAXのブロバイダを選ぶ際は知名度のあるブロバイダを選びましょう。サービスも充実していて安心感があります。

WiMAXのホームルータの申し込みから利用開始まで

WiMAXホームルーターの申し込みから利用開始までを解説します。

以下の手順で手続きを進めてください。

【WiMAXホームルーターの申し込み手順】
  1. WebからWiMAXプロバイダーにアクセスする
  2. 料金プラン、端末や必要ならオプションを選択する
  3. 利用者情報、支払い情報を入力する
  4. 申込完了後、端末が発送される
  5. 端末を受け取りコンセントに繋ぐ
  6. 初期設定を行い利用開始

まとめ

WiMAXホームルーターについて、メリット・デメリットをみてきました。

【ポイント】
  • WiMAXホームルーターは工事不要で安定したネットが無制限に使える
  • 3日10GB以上で速度制限がかかるので注意が必要
  • 光回線と比較すると通信速度は落ちるが「工事不要」「屋外での利用」で優れる