|【2021年】厳選!格安スマホ/インターネット |

格安スマホ/ネットの参考書

格安スマホ&ネット通信

文字サイズ

光回線の比較で最低限抑えておきたいポイント

光回線のご契約を考えているという方。光回線の比較はきちんとできていますか?

光回線を提供している会社は数も多く、また利用に対して何を優先するかによって、選択肢ものも変わってきます。

毎月の利用料金を安くしたい、インターネットの快適さを重視したい、申し込みするのに適用されるキャンペーンの質を求めたい。

どれか一つのポイントだけではなく、全体的にバランスのとれた光回線を求めたいという方も大勢いらっしゃいます。

そんな複雑すぎる光回線の比較をする際のポイントを光回線のご契約を検討している方はぜひご参考にしてください。

料金・費用を重視する

光回線の料金はプロバイダー毎に料金表記が統一されていない部分もあり、実際にわかりづらくなっています。

月額割引のあるブロバイダ、キャシュバック、工事費用の負担の有無など 、光回線の料金を重視した比較をしたい方は「月額費用」「初期費用」「解約にかかる諸費用」「解約金」を見るようにしましょう。

これらの料金は光回線を利用する際、支出のもっとも大きくなる部分になります。特に月額料金は、継続して掛かる費用になります。

月額費用を比較する時

月額費用は、「光回線のインターネットを利用するにあたり、毎月発生する料金」です。 光コラボレーションモデルの月額費用には「回線事業者の月額費用」と「プロバイダーサービスの月額費用」が含まれています。

プロバイダーによっては、月額費用を月額利用料金や月額基本料金などと表記しているところもあります

月額費用は2年契約や3年契約など光回線のインターネットを利用する期間やご利用する住宅タイプによって料金が異なります。

また、キャンペーンなどの適用で月額費用が割り引きとなる場合もあるので、料金をチェックする際はご利用者様の条件や適用するキャンペーンを必ず把握した上で該当する料金を把握しましょう。

複数社の光回線と料金比較をする際は、利用する期間と利用条件を同一にして合計金額を計算した上でそれぞれ比較をすると、どこの月額費用が安くなるのか判別がしやすくなります。

月額費用は光回線の契約を更新し続ける限り、毎月発生します。 少額の料金差でも年単位で計算すると大きな金額の差になってくるので、契約前に念入りなチェックが必要です。

特に注意が必要なのは3年契約で3年で終了するのか、更新して使い続けるのかでも料金のチェックが必要。

ポイント

プロバイダーを比較する際は、利用する期間や条件を同一にし、その合計金額で比較するようにしましょう。 またキャンペーンによる割り引きも適用されるかをチェック。

初期費用はいくらかかるのか?

初期費用は、「光回線のインターネットを利用するにあたり、月額費用以外で発生する料金」を一般的に言います。

主に光回線開通のための工事費や、契約する際の手数料の合計金額が初期費用となります。

光回線の工事費はご利用者様の状況により実施の必要がない場合もありますが、実施する際の料金は数万円にもおよぶ費用が必要になる場合もあります。

ただ、現在のプロバイダー各社では光回線の工事費に関しては分割払いなどで支払いを実施しているところも多く、ご契約時に一括で支払う必要がない場合が多いです。

但し、分割払いまたは分割割引されていても、解約などで生産時点で、残債があれば一括請求されます。

またこれらの工事の初期費用はキャンペーンなどで無料になる場合もありますので、ご契約の際はお申し込み時点で適用となるキャンペーンの内容を確認をするのがおすすめです。

既にフレッ光回線が導入されている住宅では工事自体が不要になる場合もありますので、ご契約前にご利用する住宅状況を確認し、申込先の事業者にも確認することをお勧めします。

また光回線と同時に申し込むオプションの種類によっては追加で工事費が発生する場合もあります。 複数社の光回線と比較する際は、通常の工事費と手数料に加え、オプションで発生する工事費なども確認した上で初期費用の計算をしましょう

ポイント

初期費用の工事費は光回線未使用、他回線利用などの状況によって変わる。また通常の工事費と契約手数料に加え、オプションによる追加の工事費なども確認することを忘れずに。光コラボでフレッ光の転用では工事不要です。

解約時の違約金

解約違約金は、「契約した光回線のインターネット解約時に発生する金額」です。

主に契約更新月以外で光回線を解約した時や契約時に設置した設備の撤去を依頼した場合にかかる金額が解約時にかかる手数料となります。

光回線のインターネットは利用を始めた月から2年または3年単位の期間で契約をするプロバイダーが殆どで、契約期間中に契約更新月以外の解約をすると解約違約金が発生するようになっています。

光回線のインターネットが利用できる住宅は室内に光回線の設備を設置していますが、解約時にそれらの設備の撤去を依頼すると撤去費用などの手数料が発生する場合があります。

解約違約金はご契約時にあまり確認をしない方が多いですが、実際に解約金額が発生する方は大勢いらっしゃいますので光回線の料金比較をする際は解約違約金の内容を確認しておくことをもおすすめです。

また、設備の撤去はプロバイダーや住宅の管理会社などの意向により必ず対応しなければいけない場合もありますので、事前にご利用する住宅状況についても確認をしておきましょう。

ポイント

解約違約金が発生する方は大勢いるので、契約前に必ず確認を!設備の撤去も、ご利用住宅の状況により必ず対応しなければいけない場合もありますので、事前に管理会社などに聞いておきましょう。

インターネットの速度が快適

ホームページの表示速度や動画の読み込みなどインターネットを利用する時の快適さを重視して光回線を選ぶ方も多くいらっしゃいます。

各プロバイダーが提供している光回線はNTTの光回線であれば通信速度同じです。但し通信環境によっては差異が出てきます。

光回線の最大速度の数値

インターネット速度は「bps」という単位で表示されます。
表示される速度には「上り」と「下り」の2種類があり、それぞれ以下のように用途が違います。

上り…メール送信や画像や動画のデータをインターネットへ送信する速度。送信/アップロードと表示されている場合もあります。

下り…ホームページの閲覧や動画の視聴をする時インターネットから読み込み速度。受信/ダウンロードと表示も表示されます。

光回線の速度では、多くの場合最大〇Gbpsという記載がしてあります。
光回線の速度を重視しする際、思わずこの数字を見ますが、この最大〇Gbpsという数字はあくまで参考値になります。

光回線の速度は、利用者の利用状況や住宅環境によってその数値が大きく変化します。時間帯やエリアなど複合的な要素が影響し、速度は変化するので、一概に最大速度だけで光回線を選ぶのが最善とは判断できない場合もあります。

ポイント

プロバイダーが表記している光回線の最大速度は利用環境により変化します。 インターネットの快適さを重視するなら最大速度だけで判断をしないようにしましょう。

インターネットが快適に利用出来るIPv6

プロバイダーごとの比較が容易ではない光回線の速度ですが、インターネット利用の快適さを決めるのは速度だけではありません。

最大速度の表示以外でもインターネット利用の快適さを図れるポイントがもう一つあります。
それは光回線の接続方式が「IPv6」に対応してるかどうかです。

光回線の接続方式にはIPv6とIPv4の2種類があり、この接続方式はインターネットの通信速度さを測る点において非常に重要な要素となります。

接続方式がIPv6対応の光回線では利用状況や環境による速度遅延の影響も少なく、インターネットを快適に利用することが可能となります。

ポイント

インターネット利用の快適さを求めるならIPv6対応のブロバイダがおすすめ!

プロバイダーが提供するIPv6

プロバイダーからIPv6を提供されています。
注意いしてほしいのが、IPv6が無料で提供されているかどうかです。

IPv6を利用する場合はプロバイダーのオプションで追加するのですが、プロバイダーによってはIPv6のオプションを有料で提供している契約もあり、毎月の利用料金に加算される場合もあります。

おすすめはもちろんIPv6のオプションが無料で利用できるプロバイダーなので、インターネット利用時の快適さを重視するなら契約する光回線がIPv6に対応しているかどうか、またそのオプションが無料で出来るかどうかを確認するようにしましょう。

他にもIPv6の利用にあたっては、専用ルーターのレンタルが必要になる場合もあります。 ご契約前には必ずこれらの点も確認することをおすすめします。

ポイント

光回線のIPv6はプロバイダーによって無料や有料の場合がある。またIPv6を利用する場合は専用ルーターが必要になる場合もあるので事前に確認しましょう。

ブロバイダのキャンペーン

ブロバイダで代表的なキャンペーンが契約後に高額の現金が還元されるキャッシュバック。
還元される金額はプロバイダーによって様々ですが、キャッシュバックは数万円にもおよぶ高額なキャンペーンが多く、それ故にキャッシュバックの金額を最も還元してくれるプロバイダーで選ぶ方も多数いらっしゃいます。

料金重視で選ぶ方にとっては、高還元なキャッシュバックがあるブラオバイダーが魅力的に見えますが、実はこのキャッシュバックの料金だけで判断するのが最良とは言えません。

なぜなら、殆どのキャッシュバックは受取対象の条件が厳しく、ただ契約したからと言って全ての方がもらえるようにはなっていない場合が多いからです(大多数の方がキャッシュバックを受け取てえていない)。

キャッシュバックを優先して契約をする際は、適用条件がどのようになっているか、必ず確認するようにしましょう。 そして、複数のプロバイダーと比較する際は、キャッシュバックの金額だけではなく、この適用条件がそれぞれどうなっているかを踏まえ、比べるのをおすすめします。

ポイント

プロバイダーのキャッシュバックで比較する際は金額だけでなくキャンペーン適応条件を厳しくチェック。