|【2021年】厳選!格安スマホ/インターネット |

格安スマホ/ネットの参考書

格安スマホ&ネット通信

文字サイズ

光コラボレーションの選び方!

光コラボはそれぞれ特徴があって、どれを選ぶのがすごく大変ですよね!さらに聞き慣れないプロバイダやv6プラスなんて用語まで出てきてしまって、最後は適当に選んでしまいがちです。

ということで、光コラボに「乗り換える光コラボはどうやって決めればいいの?」と思った方もいるのではないでしょうか?

損せずに光コラボへ乗り換えるためのチェックポイント4つについて説明していきます!

<お得な光コラボを選ぶためのチェックポイント>

  1. スマホとのセット割が利用できるかどうか
  2. 他社光コラボに比べて安いかどうか
  3. IPv6接続は利用できるかどうか
  4. キャンペーンや割引は充実しているかどうか

スマホとのセット割が利用できるか

スマートフォンとのセット割に対応する光コラボを選べばスマホ代が下がるので、月々の出費を抑えることができます。

現在ドコモやau、SoftBank、などのセット割対応スマートフォン回線を使っている方は、セット割対応の光コラボへの乗り換えがオススメです。

<スマホセット割の例>
セット割 最大割引金額 光コラボ
ドコモ(ドコモ光セット割) 3,850円 ドコモ光
au(auスマートバリュー) 1,100円 So-net光プラス・@nifty光・BIGLOBE光、DTI光 など
SoftBank/Y!mobile
(おうち割光セット)
1,100円 SoftBank光
OCNモバイルONE
(OCN光モバイル割)
220円 OCN光
BIGLOBEモバイル(光☆セット割) 330円 BIGLOBE光

上記のとおり光コラボによっては格安SIMでセット割が受けられる場合もありますよ。

光コラボを検討している方は、ぜひセット割を利用する回線に乗り換えて月々の負担を減らしてくださいね。

月額料金は安いかどうか

スマートフォンのセット割や、その他割引を利用した結果の月額料金が安いかどうかを確認しましょう。

検討している光コラボがある場合は、料金を比較してみて安い方を契約することも一考です。

光回線は長い期間使い続けるものなので、月額料金はなるべく抑えられるよう料金のチェックは必須です!

「IPv6接続」は利用できるか

動画を見たり、ネットを見るときに、画面にラグが起きたり止まってしまったりしてイライラしてしまった…という経験もあると思います?

原因は、通信速度の遅さにあります。そこでIPv6接続対応の光コラボへ乗り換えれば、回線混雑を避けて通信できるので回線速度の改善が期待できます。

これから光コラボを契約する場合、IPv6接続に対応していることは必須条件と言えるでしょう。

キャンペーンや割引は充実しているか

光コラボによって、実施しているキャンペーンはさまざまです。

以下のようなものがありますので、利用したいキャンペーンを実施している光コラボを選ぶことをオススメします。

<キャンペーン内容の例>

  • ・月額料金の割引
  • ・キャッシュバック
  • ・新規開通工事費の無料キャンペーン
  • ・wi-fiルーター

また、契約する光コラボが決まっても、安易に公式サイトやショップで申し込まないようにしましょう。

光コラボによっては、代理店サイトからの申し込みを選ぶことで公式キャンペーンに加えて、代理店独自キャンペーンを利用できる場合もあります。

もちろん、公式キャンペーンを利用できない代理店窓口もあるから注意しよう。

フレッツで使ってきたプロバイダをそのまま使いたい

今までフレッツ光で使ってきたプロバイダをそのまま使いたいという場合は、方法としては2通りあります。

ひとつは、そのプロバイダが提供している(もしくは使える)光コラボや光回線に乗り換えることです。

例としては、そのプロバイダの「〇〇光」(so-net光など)や、ドコモ光、auひかりもプロバイダが選べるので、今使っているプロバイダと、他の条件によって選ぶと良いでしょう。

工事をしたくない場合はモバイル回線が良い

工事しない、外でもネット回線が欲しいという場合は、必然的にモバイル回線になります。モバイル回線としてメジャーなものとしては、「WiMAX」と「Pocket wifi」がありますが、おすすめできるのは断然WiMAXです。

理由は、WiMAXの方が回線速度、バッテリーの持ちやBluetoothテザリングなどの端末の機能・スペックが良く、速度制限も緩いからです。

GMOとくとくBBWiMAX2+の詳細はこちら

モバイル回線はスマホのように電波で通信をするので、提供エリアの確認だけは事前にしておくことを強くおすすめします。

セット割でオススメな光コラボ

ドコモスマホ利用者はドコモ光がオススメ!

ドコモ光

ドコモ光のおすすめポイント

ドコモ光セット割でスマホ代が割引

ドコモ光を契約すると、ドコモのスマホ代が毎月最大1,100円割引されるセット割が適用できます。さらに、ファミリー割引というドコモの家族グループを組めば、家族のスマホ代も割引されるので(例:家族4人ドコモなら毎月4,400円も安くなる)ドコモスマホを利用している方は間違いなくドコモ光がおすすめです。

プロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ

ドコモ光は、24社のプロバイダの中から大手プロバイダが選べます。その中でも、1番選ばれている『GMOとくとくBB』は満足度96%と評判も良く、GMOとくとくBB公式サイト経由で申込むとキャッシュバックや高性能なWi-Fiルーターが無料でレンタルできる特典を実施しています。

ドコモ光の契約を検討している方は、ぜひ、代理店GMOとくとくBBをチェックしてみてくださいね。

公式サイトへ:GMOとくとくBBのドコモ光
※このボタンからお得な特典をチェック

またドコモ光では、IPv6接続も利用できるため回線混雑を回避できる可能性もあります。

ドコモユーザーの方は、セット割やキャンペーンでお得に利用を開始でき、IPv6接続にも対応するドコモ光を検討してみてはどうでしょうか。

auスマホ利用者はSo-net光プラスがオススメ!

o-net光

月額料金が最安 So-net光はキャンペーンで2年間戸建て2,980円~、マンション1,980円で利用できる最も安い光回線です。 キャンペーンの適用条件もなく、無条件でこの価格で利用できる光回線はありません。

また、auひかりのように対応しているマンションが少ないということがないので、マンションでの契約を検討している方も安心して申し込みができます。

auスマートバリューでスマホ代1,100円割引

auユーザーはauスマートバリューを受けることができ、毎月スマホ代が1回線あたり最大1,100円割引になります。

auスマートバリューを適用できる光回線はauひかり、So-net光、BIGLOBE光、@nifty光など様々あります。

auスマホとのセット割に対応する光コラボはたくさんありますが、オススメはSo-net光プラスです。

So-net光プラスは通常戸建住宅が月額6,138円、マンション4,928円ですが、公式キャンペーンの月額料金割引を利用すると月々の料金(2年間)は以下になります。

<So-net光プラスの月額料金>
戸建て マンション
月額料金 月額料金
通常の月額料金 6,138円 4,928円
割引後の月額料金 3,780円 2,527円

気になる方は、ぜひSo-net光プラスの公式サイトをチェックしてみてください。

公式サイトへ:【So-net 光 コラボ】
※このボタンからお得な特典をチェック

快適な速度で、月額料金を抑えながら光回線を使いたいauユーザーの方は、So-net光プラスの契約を検討してみてください。

SoftBankスマホ利用者はSoftBank光がオススメ!

SoftBank光

SoftBankやY!mobileを使っている方には、光コラボでセット割が使える唯一の選択肢となるSoftBank光です。

おうち割光セットを利用できれば、毎月1,100円の割引が適用されます。

その他にも、SoftBank光はキャンペーンが充実していて、他社回線や他社光コラボから乗り換える場合は、多くの特典を受け取れます。

<SoftBank光の公式キャンペーン>

  • ・乗り換え新規契約で最大24,000円のキャッシュバック/月額割引キャンペーン
  • ・乗り換え時の他社への違約金・撤去工事費を満額還元いたします(最大10万円還元)
  • ・SoftBank 光ご加入いただくとオプションサービスの利用料が初月無料!

気になる方はぜひ、チェックしてみてください。

公式サイトへ:ソフトバンク光
※このボタンからお得な特典をチェック

またSoftBank光は、おうち割光セット適用条件にも含まれている「光BBユニット」を利用することで、IPv6接続による高速通信も行えます。

SoftBankやY!mobileユーザーで支払額を抑えながら快適にインターネットを使いたい方は、SoftBank光の契約も検討してみてください!

【新規・転用・事業者変更別】光コラボに乗り換える手順!

光コラボへの乗り換え手順は、新規契約と転用、事業者変更で異なります。

それぞれの乗り換え手順を解説するので、自分が当てはまる項目をチェックしてみてください。

新規契約する場合の乗り換え

光コラボを新規契約する手順は、以下のとおりです。

<光コラボに新規契約する場合の手順>

  1. エリア確認を行う
  2. 希望する光コラボを選び申し込み
  3. 工事日を調整、立ち会い
  4. ルーター等でインターネット接続設定をして、利用開始

光コラボはNTTフレッツ光回線を使っているので、フレッツ光とエリアが同じです。

そのため、光コラボを契約する際は、申し込み前にフレッツ光の公式サイトからエリア確認を行ってください。

転用する場合の乗り換え手順

光コラボを「転用」で申し込む際は東日本/西日本から「転用承諾番号」を取得する必要があります。工事が基本的に不要です。

転用承諾番号の発行後は、以下の手順で乗り換えを行えます。

<光コラボに転用する場合の手順>

  1. 希望する光コラボの申し込み
  2. 光コラボから契約書類が届く
  3. 新しく契約した光コラボへ切り替わる
  4. 開通・利用開始

事業者変更する場合の乗り換え手順

現在光コラボを契約していて、別の光コラボへ「事業者変更」をする場合は、事業者変更承諾番号の取得が必要です。

<光コラボに事業者変更する場合の手順>

  1. 希望する光コラボの申し込み
  2. 光コラボから契約書類が届く
  3. 契約先が新しく契約した光コラボへ切り替わる
  4. 開通・利用開始
※プロバイダが変更になった場合は、ルーター等の接続設定を最新のプロバイダ情報に変更すれば開通

まとめ

光コラボは、現在フレッツ光を契約しているなら「転用」、他社光コラボを使っているなら「事業者変更」により、工事なしで手軽に乗り換えられるのも魅力です。

転用の場合は、フレッツ光の違約金が不要、フレッツ光の開通工事費残債が光コラボに引き継げるというメリットもありますのでとくフレッツ光ユーザーは光コラボに転用を検討してみてくださいね。

光コラボにはたくさんの回線事業者が含まれますが、お得に契約したい場合は現在契約中のスマートフォン回線とのセット割引に対応するところを選びましょう。

また、回線速度を速くしたいという方は、「IPv6(IPv6 IPoE+IPv4)接続」に対応する光コラボを選ぶのがオススメですよ!

さらに、同じ光コラボでも代理店窓口や家電量販店、公式サイトなどさまざまな申込窓口があります。

申込窓口によってもキャンペーンが異なりお得度が変わってくるため、光コラボを比較して契約する回線を決めた後は、申し込む窓口も比較してください。