|【2021年】厳選!格安スマホ/インターネット |

格安スマホ/ネットの参考書

格安スマホ&ネット通信

文字サイズ

【GMOとくとくBB】ドコモ光の特徴やメリットとは?

【GMOとくとくBB】ドコモ光はNTT東日本・西日本からフレッツ光の光回線を借りてサービスを提供している「光コラボ」です。ドコモユーザーならドコモ一択と言って間違いありません。

ドコモのスマホを利用しているなら、ドコモ光がおすすめです。 ドコモ光の月額料金は、戸建てタイプで5,200円から、マンションタイプで4,000円からと比較的安価です。

利用できるプロバイダの種類も多く、幅広い選択肢がある点も魅力でしょう。

ドコモユーザーなら対象プランへの加入でセット割が適用でき、スマホ料金が月額500~1,000円程度割引となります。 また、最低利用期間の2年を超過すると、契約更新のたびにdポイントが3,000円分付与されます。

ドコモ光月額料金 GMOとくとくBB

戸建て マンション
プロバイダ GMOとくとくBB
月額料金 5,720円 4,400円
事務手数料 3,300円
新規開通工事費 通常16,500~19,800円
キャンペーンで無料
セット割 家族回線含め各1,100円割引
契約期間 2年
支払方法 クレジットカード、口座振替
契約解除料金 戸建てタイプ:14,300円 マンションタイプ:8,800円
*契約満了月の当月・翌月・翌々月は解約金はかかりません。

ドコモ光の契約でドコモ光セット割が適用されるドコモユーザーは、毎月のパケットパックの料金から割引が受けられるのが大きなメリットです。

フレッツ光からドコモ光への乗りかえは「転用」という手続きを使って、工事費やフレッツ光の違約金無料でお得に乗りかえができます。

また、ドコモ光はプロバイダを自由に選択ができますが、契約後に不満を感じたときは違約金なしで、簡単にプロバイダだけを乗りかえられます。

公式サイトへ:GMOとくとくBBのドコモ光 
※このボタンからお得な特典をチェック

 

【GMOとくとくBB】ドコモ光とはどんな回線?

【GMOとくとくBB】ドコモ光は、フレッツ光回線とプロバイダの支払いが1つにまとまっている光コラボ(光コラボレーション)の1つで、最大通信速度は上下最大1Gbpsです。

ドコモ光

光コラボには特定のプロバイダしか選べないものもありますが、ドコモ光ではプロバイダを20種類以上のラインナップから自由に選べます。

ドコモ光とフレッツ光の違い

NTTが運営する「フレッツ光」は、光回線の中でも有名で歴史が長い。

ドコモ光とフレッツ光での違いは、月額料金やスマートフォンとのセット割引などに違いがあります。

また、光回線の請求がフレッツ光は別々に分かれるのですが、ドコモ光はプロバイダと光回線の請求が1つにまとまっています

ドコモ光のメリット

  • ドコモ光セット割が適用される
  • それぞれの料金の支払いがまとまってわかりやすい
  • 次世代技術v6プラス採用の【速いドコモ光】
  • 高性能Wi-Fiルーターを無料でレンタル
  • 圧倒的なGMOとくとくBB独自特典
  • dカードゴールド(dカードGolD)で支払うとポイント10%還元!

ドコモ光がオススメなのは「ドコモのスマホユーザー」

ドコモ光は、ドコモでスマートフォンを契約している人にオススメの光コラボです。

ドコモ光を契約している人は、ドコモスマートフォンの料金を割引できます!

ドコモのケータイ回線と「ドコモ光」をセット(「ファミリー割引」グループやシェアグループで「ドコモ光」をセットでご契約いただいている回線がある場合を含む)でご契約いただいている状態において、ケータイ回線の基本使用料またはパケットパック定額料を割り引くサービスです。

「ドコモ光」をセット(「ファミリー割引」

割引額は新プラン「ギガホ・ギガライト」なら家族回線を含めそれぞれ毎月最大1,000円(税抜)。

旧プランの「カケホーダイ・パケあえる」なら主回線に対して100~3,500円(税抜)です。

さらにドコモ光を契約すれば、キャンペーン特典としてdポイントが10,000ポイント進呈されます。dポイントは、ローソンなどのdポイント加盟店で使うことができます。

また、dカード GolDを持っていれば、月額1,000円(税抜)ごとに100ポイントのdポイントが毎月もらえる(タイプA・戸建住宅なら月500ポイント)のも嬉しいですね。

ドコモ光のを契約は「v6プラス」の契約を前提にして

ドコモ光をこれから申し込む場合は、「v6プラス」の契約を前提にすることをオススメします

v6プラス

ドコモ光はフレッツ光や他社光コラボと回線を共有しているため、夜間や土日祝は回線の混雑から速度が低下しやすいというデメリットがあります。

そのため、インターネットを朝から晩まで快適に使うためには、v6プラスは必須と言えます。ドコモ光でv6プラスを利用したい場合は、v6プラスに対応するプロバイダを契約する必要があります!

ドコモ光のデメリット

  • ドコモユーザー以外はメリットが少ない
  • 速度が遅いという評判がある
  • 光電話の番号が変わる場合がある
  • 乗り換えの違約金負担キャンペーンがない
  • 途中解約時に解約金が発生する

ドコモユーザー以外はメリットが少ない

ドコモ光はドコモユーザーにとってさまざまな恩恵が受けられる唯一の光回線です。

しかし、ドコモユーザー以外の方はセット割も適用されませんし、契約時のdポイントキャンペーンなども適用外です。

光電話の番号が変わる場合がある

現在他社光回線で光電話を利用している方は、ドコモ光への乗り換えで光電話の番号が変わってしまう可能性があります。

ドコモ光で光電話を利用する場合、現在の光回線で発番された光電話番号は、再度新たな番号をドコモ光から発番してもらうので、電話番号は変わってしまいます。

乗り換えの違約金負担キャンペーンがない

SoftBank光やauひかりでは、他社からの乗りかえで発生した解約金や回線費用などを還元してくれるキャンペーンが用意されており、契約時の負担が大幅に減少するので安心です。

かし、ドコモ光では現在、光回線の乗り換ええ時の違約金負担キャンペーンなどは実施されていません。

途中解約には解約金が発生する

ドコモ光は2年自動更新型で契約する人が多いですが、2年に1度、2か月間だけの契約更新月以外に解約する場合には、解約金が発生します。

公式サイトへ:GMOとくとくBBのドコモ光 
※このボタンからお得な特典をチェック

 

オプション料金

ご利用スタイルに合わせて、「ドコモ光電話」や映像サービスなどをご契約になれます。

ドコモ光電話
IP電話サービスとして、安くてシンプルな「ドコモ光電話」、または、迷惑電話対策におススメな「ドコモ光電話バリュー」のご契約が選べます。ドコモ光回線にプラス月額500円(税抜)で利用できる「ドコモ光電話」と、6つの付加サービス・480円(税抜)分の無料通話がセットになった「ドコモ光電話バリュー」があります。
映像サービス 月額使用料:2,500円/月
ひかりTV for docomoは、光回線を利用して、ご自宅のテレビやスマートフォン・タブレットで映像が楽しめるサービスです。
スカパー!
観たいチャンネルを視聴スタイルに合わせて選べるパック、独占配信コンテンツも注目!「スカパー!基本プラン」なら、テレビ3台まで追加料金がいらないので家族みんなで楽しめる!
ドコモ光テレビオプション 月額使用料:750円
「ドコモ光テレビオプション」ならアンテナ不要で地デジ・BSが楽しめる
ドコモ光更新ありがとうポイント
「ドコモ光」定期契約プランを更新いただくたびに、「ドコモ光更新ありがとうポイント」3,000ポイントをプレゼントします。
公式サイトへ:GMOとくとくBBのドコモ光 
※このボタンからお得な特典をチェック

 

ドコモ光を新規契約する場合の申し込みから開通まで

【新規契約】フレッツ光を利用していない

新規契約におけるドコモ光の申し込みから開通までの流れ

  1. 契約するプロバイダやオプションを決める
  2. 電話やWebから申し込みを行う
  3. ドコモより「開通のご案内」などご利用に必要なが書類郵送で届きます
  4. 開通工事日の調整
  5. 開通工事の実施
  6. ルーター・パソコン・プロバイダなどの接続・設定、開通

ドコモ光に「転用」「事業者変更」する場合

フレッツ光からドコモ光に乗り換えることを、「転用」と言います。

「転用」「事業者変更」おけるドコモ光の申し込みから開通までの流れ

  1. 転用承諾番号の取得をする
  2. プロバイダのご確認(「フレッツ光」でご契約中のプロバイダが「ドコモ光」でも利用いただけます。 )
  3. ドコモ光を申し込む
  4. 「開通のご案内」などご利用に必要な書類が郵送で届きます
  5. インターネット接続をパソコン・端末装置の設定、利用開始
公式サイトへ:GMOとくとくBBのドコモ光 
※このボタンからお得な特典をチェック