|【2021年】厳選!格安スマホ/インターネット |

格安スマホ/ネットの参考書

格安スマホ&ネット通信

文字サイズ

フレッツ光と光コラボ選ぶならどちら


フレッツ光と光コラボ選ぶならどちら

フレッツ光は言わずと知れたNTTの光回線で信頼度も高く、申し込みを検討している方も多いのではないでしょうか。

フレッツ光の実際のメリットなどはどうなんでしょうか。

メリット
  • ・全国で契約できる
  • ・サポートの対応が良い
  • ・引越しでの移転手続きがスムーズ

注意点
  • ・光コラボより月額料金が高い
  • ・プロバイダを別で契約しなくてはいけない
  • ・キャッシュバックなどのキャンペーンがほぼない
  • ・無料で利用できるサービスが充実していない
  • ・速度が遅いという評判もある

結論として、同じNTTの光回線を使ってフレッツ光よりも安い料金でスマホとのセット割や工事費無料キャンペーンも受けられる光コラボを選ぶのがオススメです!

フレッツ光より光コラボのほうがオススメ

フレッツ光を検討しているなら、同じNTTの光回線を使う光コラボ事業者のほうがオススメです。

フレッツ光よりも光コラボがオススメな理由は、以下の5つです。

  • ・フレッツ光よりも料金が安い
  • ・スマホのセット割が適用される
  • ・キャッシュバックなどの特典が豊富
  • ・エリアがフレッツ光と同じ全国区
  • ・v6プラスで速度が安定している

光コラボならフレッツ光と同じ回線品質に加え、混雑を避けて速度が安定する「v6プラス」が標準装備だったり、キャッシュバックなどのお得な特典も受け取れたりするからです。

一方、フレッツ光にはスマホとのセット割や工事費無料キャンペーン、キャッシュバックなどの特典がほとんどありません。

フレッツ光3つのメリットと実際の評判

フレッツ光を契約するメリットは、主に以下の3つです。

  1. 全国で契約できる
  2. サポートの対応が良い
  3. 引越しでの移転手続きがスムーズ

フレッツ光は日本全国で契約できる光回線です。

一部の光回線の中には特定の地域でしか利用できないものもあるので、これは高ポイントですね。

ただし、フレッツ光は東日本と西日本では契約先が違います。

サポートの対応が良い

フレッツ光はNTTなだけあって、安心感の強さは大きなメリットです。

フレッツ光ユーザーの多くはフレッツ光のサポートに対して好印象を受けています。

光コラボ事業者は、新しい会社も少なくないので、サポートが不十分な場合もあるようですね。

引越しでの移転手続きがスムーズ

フレッツ光は日本全国で利用できる光回線なので、契約中に引越しをすることになってもスムーズに移転手続きができます。

フレッツ光の移転手続きはWebから連絡を入れるだけで完了しますし、わからないことがあれば電話で問い合わせることも可能です。

フレッツ光の注意点

フレッツ光5つの注意点

フレッツ光が光コラボよりオススメできない原因として、主に5つの注意点が挙げられます。

  1. プロバイダを別で契約しなくてはいけない
  2. キャッシュバックなどの高額還元キャンペーンがほぼない
  3. 無料で利用できるサービスが充実していない
  4. 速度が遅いという評判が多い

プロバイダを別で契約しなくてはいけない

フレッツ光はNTTとわ別途プロバイダとも契約しなくてはなりませんが、インターネットとプロバイダの契約先が別になることです。

フレッツ光はNTTに支払うインターネット料金とは別に、プロバイダ料金(500~1,200円/月)をプロバイダ会社へ支払わなくてはいけません。

  • ・プロバイダ料金が別途かかるので月額料金が高い
  • ・解約などの手続きをする際は、フレッツ光とプロバイダの2ヶ所へ連絡が必要なので面倒
  • ・プロバイダとフレッツ光で更新月が違うことがあるので、解約時に注意が必要
  • ・トラブルが生じた際は内容に応じて問い合わせ先が変わるので、わかりにくい

どの回線でもプロバイダ契約は必須ですが、手続を1回で終わらせたい方はプロバイダーが一体型になっている光コラボを契約しましょう。

プロバイダ一体型の回線なら何かあっても同じ窓口に連絡するだけで解決できるのでスムーズです。 フレッツ光は解約時にフレッツ光とプロバイダの両方に連絡が必要ですが、解約直前になってそれに気が付く人も少なくありません。

2ヶ所への連絡は面倒ですが、フレッツ光解約時にプロバイダの解約手続きを忘れてしまうとプロバイダ料金が永遠に支払われてしまうので、注意しましょう。

キャッシュバックなどの還元キャンペーンがほぼない

フレッツ光は「にねん割」などの割引特典で月額料金が多少安くなりますが、それ以上は特段なにもありません。

その点、光コラボは光コラボブロバイダまたはは代理店などの窓口を通して契約すると、窓口独自のキャンペーンをてんかいしている場合がありますよ

インターネットは長期の利用になるので少しでも有利な条件での契約がベストです。

利用できるサービスが充実していない

光コラボの各事業者ではインターネットに必要なセキュリティソフトや無線LANルーターなどを、オプションで利用できます。

フレッツ光でも有料オプションとしてさまざまなサービスを利用できますが、光コラボなら同じようなサービスを無料で使えることもありますよ。

たとえば、フレッツ光と光コラボのSo-net光プラスで、オプションにかかる費用を比較してみましょう。

フレッツ So-net光プラス
セキュリティソフト 440円 0円
無線LANルーター
レンタル
330円
訪問サポート 9,900円~ 0円(初回のみ

セキュリティソフトは安全にインターネットをする上で絶対に必要ですし、無線LANルーターもWi-Fiでスマホやゲーム機を接続できて便利ですね。 無料で利用できる光回線を選べば、フレッツ光で発生するオプション料金も抑えられます。

速度が遅いという評判が多い

フレッツ光は、最大通信速度が1Gbps(1,000Mbps)です。

しかし1Gbpsは理論上の数値なので、実際には1Gbpsの半分程度の速度です。実際500Mbpsあればネットをするに際し全く差しさわりはありません。

しかし、夜間や週末などインターネット利用者が増えるタイミングには、アクセスが集中するので回線が混み合い、速度が遅くなりますよ。

フレッツ光はNTTの光回線を使っていますが、同じ回線をドコモ光やソフトバンク光、So-net光プラスといった光コラボも共有しています。

ただし、契約しているプロバイダによっては「v6プラス(IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続)」という最新の通信規格が利用でき、回線の混雑を自動的に回避して接続してくれます。

v6プラス(IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6接続)

フレッツ光を契約中の方もv6プラスを申し込んだら、遅かった速度が速くなります。

ただし、プロバイダ側でv6プラスの利用料金が発生したり、v6プラス対応ルーターが有料だったりするので、申し込み前に確認しておきましょう。

ちなみに、フレッツ光ではなく光コラボ事業者では無料でv6プラス対応ルーターがレンタルできところもあります。

フレッツ光より光コラボをオススメ理由

フレッツ光より光コラボをオススメする理由は、以下のとおりです。

  1. フレッツ光よりも料金が安い
  2. スマホのセット割が適用される
  3. キャッシュバックなどの窓口ごとの特典がある
  4. エリアがフレッツ光と同じ全国区
  5. v6プラスで速度が安定している

フレッツ光よりも料金が安い

フレッツ光より光コラボの料金が安くなる理由は、2つあります。

  • 月額料金にプロバイダ料が含まれている
  • 工事費が完全または実質無料になる

どれだけ料金に差が出るのか、フレッツ光と代表的な光コラボの月額料金をもう一度みてみましょう。

戸建て マンション
フレッツ光 東日本 5,270円
+プロバイダ料
(500円~1,200円)
3,335円
+プロバイダ料
(500円~1,200円)
西日本 4,830円
+プロバイダ料
(500円~1,200円)
3,335円
+プロバイダ料
(500円~1,200円)
ドコモ光 5,720円 4,400円
ソフトバンク光 5,720円 4,180円
OCN光
5,610円
3,960円

光コラボはインターネット料金にプロバイダ料金が含まれているから、フレッツ光より安くなる可能性が高いまる!

スマホのセット割が適用される

光コラボは対象スマホキャリアによってセット割が適用されます。
セット割が適用されると以下のようにスマホ料金が安くなる光コラボ事業者があります。

  対象スマホキャリア セット割名称 最大割引額
ドコモ光 ドコモ ドコモ光セット割 1,100円/月
ソフトバンク光 ソフトバンク おうち割 光セット
So-net光プラス au auスマートバリュー

セット割では、インターネット契約1回線につき最大10回線(ドコモ光は最大20回線)の家族スマホを割引対象にできます。

家族に対象スマホユーザーが多いほど毎月の通信費は安くなるので、インターネットを契約する際はセット割になる回線を優先して選択しましょう。

たとえば、家族間で4人同じスマホキャリアで契約していたら、1か月で最大4,400円もの割引が毎月受けられるまる!

ちなみにフレッツ光はセット割を実施していないので、これも光コラボを選ぶべき大きなポイントといえます。

キャッシュバックなどの豊富な特典

光コラボでは公式サイトや代理店窓口などが、キャンペーンを豊富に提供しているので大変お得です。

また、フレッツ光や光コラボを新規で契約した際に発生する開通工事費も、事業者によっては割引キャンペーンが受けられますよ。

では、フレッツ光と主要光コラボで月額料金や開通工事費などの初期費用を差し引きし、キャッシュバックなどの特典額を差し引いた実質料金で契約期間内にどれくらいお得になるのか比較してみましょう!

フレッツ光は工事費無料キャンペーンやキャッシュバックがない分、実質料金は光コラボに比べて大きく差がついてしまっていますね。

その点、光コラボは豪華な特典をもらえるので、ネットをよりお得に契約したいのであれば、光コラボがオススメです。

エリアがフレッツ光と同じ全国区

光コラボはフレッツ光回線をそのまま利用しているので、対応エリアはフレッツ光同様、日本全国です。

対応エリアはそのままでNTTの光回線と品質はまったく変わらず、月額料金が安くなるので、光コラボがお得だとわかりますね。

v6プラスで速度が安定している

フレッツ光や光コラボは同じNTTの光回線を使うので、夜や週末などインターネット利用者が多い時間帯になると回線が混雑し、速度が落ちやすくなります。

しかし、「「v6プラス」は混雑しやすい通信回線を自動的に避けてくれるので、いつ接続してもサクサク快適に利用できます

フレッツ光もオプションを申し込むことで「IPoE IPv6」が使えますが、使うためには「IPoE IPv6に対応しているプロバイダと契約しなければなりません。

一方、光コラボはあらかじめv6プラスが標準装備だったり、v6プラス対応のプロバイダと一体型になっていたりするので、フレッツ光よりも簡単に速度改善できますよ。

>次の項目で紹介するオススメの光コラボ3選も、すべてv6プラスでの通信が可能なのでぜひチェックしてくださいね。

おすすめの光コラボ3社

光コラボを選ぶ際は、ご自身のスマホキャリアとのセット割が適用できる回線を選びましょう

セット割が適用されれば1台あたり最大1,100円の割引が携帯電話料金から引かれるので、通信費の総額が安くなりますよ。

また、光コラボは契約する事業者によってキャッシュバックなどのお得なキャンペーンを実施しています。

ずばり、ドコモ・ソフトバンク・auの3大スマホキャリアに対応した光コラボでオススメの回線は、以下の3社ですよ。

 

ドコモユーザーにオススメ「ドコモ光」

ドコモ光は、ドコモの端末とセット割が組める唯一の光コラボ回線なので、ドコモユーザーがネットを契約するならドコモ光一択です。

【ドコモ光概要】
戸建て マンション
月額金額 5,720円 4,400円
2年間の実質月額料金 4,908円 3,368円
契約期間 2年
工事費用 ※キャンペーンで実質無料 19,800円 16,500円
事務手数料 3,300円
キャンペーン ・20,000円キャッシュバック
・dポイント最大2,000pt
・v6プラス対応ルーター無料レンタル

ドコモのセット割は、毎月最大1,100円の割引が永年適用されるだけでなく、ファミリー割引グループに登録されている最大20回線のドコモ端末が割引対象になっています。

家族にドコモユーザーが多い人は、家庭の通信費を一気に安くできるので、ぜひドコモ光を契約しましょう。

ドコモ光はプロバイダを24社から選択できるのも、メリットのひとつです。

「GMOとくとくBB」は、いつでも安定した高速通信が利用できる「v6プラス」に対応したプロバイダで、v6プラス対応ルーターも無料でレンタルできるので、速度を重視したい人はオススメです。

キャッシュバック条件として有料オプション加入の必要もなく、開通から11か月後には現金がもらえますよ。

公式サイトへ :GMOとくとくBBのドコモ光
※このボタンからお得な特典をチェック

 

ソフトバンクユーザーにオススメ「ソフトバンク光」

ソフトバンクかワイモバイルユーザーの場合は、ソフトバンクのセット割が使える「ソフトバンク光」がおすすめです。

ソフトバンクのセット割は「おうち割光セット」です。 おうち割光セットを適用すると、スマホの月額料金が月額最大1,100円の割引です。

家族にも適用されるので、家族にソフトバンクユーザーがいればさらにお得になります。

【ソフトバンク光概要】
戸建て マンション
月額金額 5,720円 4,180円
2年間の実質月額料金 4,908円 3,368円
契約期間 2年
工事費用 ※キャンペーンで実質無料 26,400円※キャンペーンで実質無料
事務手数料 3,300円
キャンペーン ・36,000円キャッシュバック
・他社解約違約金最大100,000円還元

ソフトバンク光でIPv6高速ハイブリッド通信を使うためには、月額550円のオプションパックに加入する必要があります。 有料オプションではありますが、実用的なオプションがすべてパックになっています。

オプション内容
  • 光BBユニット:IPv6高速ハイブリッドを使うために必要
  • WiFiマルチパック:ソフトバンク光をWiFiで使うために必要
  • 光でんわ:固定回線サービス

各サービスそれぞれ有料の料金体系を組んでいる回線事業者が多い中で、機能的な三つのオプションが一つにまとまっているのはお得です。

また、「おうち割 光セット」を適用させるために契約した「光BBユニットレンタル」があれば、IPv6高速ハイブリッド機能が使えるようになるので、常に安定した高速通信が可能です。

ちなみに、ソフトバンク光は代理店NEXT から申し込むと36,000円円の現金キャッシュバックがもらえるのでお得ですよ。

キャッシュバックにあたってオプション加入は不要で、申し込み確認の電話口でキャッシュバック手続きも完了するためもらい忘れがありません!

公式サイトへ :ソフトバンク光
※このボタンからお得な特典をチェック

 

auユーザーにオススメ「So-net光プラス」

auユーザーにおすすめの光コラボは、auのセット割「auスマートバリュー」を使える「So-net光プラス」です。

auスマートバリューを利用すると、スマホ1台あたり最大1,100円の割引です。

【So-net光プラス概要】
戸建て マンション
月額金額 3,828円~ 2,728円~
3年間の実質月額料金 4,260円 3,210円
契約期間 3年※キャンペーンで実質無料
工事費用 26,400円
事務手数料 3,300円
キャンペーン 月額料金割引
v6プラス対応と対応WiFiルーターが永年無料 セキュリティソフトが永年無料

光コラボには他にもauスマートバリューを使える事業者はあるのですが、3年間の実質料金はSo-net光プラスがもっとも安いのでおすすめです。

また、So-net光プラスは格安スマホユーザーにもオススメです。

光コラボの中には格安SIMスマホのセット割が使えるところもありますが、格安SIMのセット割は割引額が数百円程度で、メリットは大きくありません。

例えばビッグローブ光は、格安SIM「ビッグローブモバイル」とのセット割がありますが、毎月の割引額は最大330円です。 お得感が低い格安SIMとのセット割を使うよりも、総合的に実質料金が安く、特典も豊富なSo-net光プラスをおすすめします!

So-net光プラスはv6プラスに対応しており、キャンペーンでv6プラス対応の無線ルーターも無料提供してもらえるので、速度面も安心です。

So-net光プラスにはキャッシュバックキャンペーンはありませんが、最初の2年間は月額料金から毎月2,500円の割引が適用されます。

So-net光プラスを実際に申込む際には、申込窓口に注意してください。 結論からいうと、So-net光プラス公式サイトからの申込が充実した特典を受けられます。

公式サイトへ :【So-net 光 コラボ】
※このボタンからお得な特典をチェック

 

まとめ

フレッツ光はインターネットのNTTなので、サポートの丁寧さや引越し手続きのスムーズさには定評があります。

しかし料金面や申し込み時のキャンペーンやオプションなどにおいては光コラボでの申し込み利点がい多

結論として、光コラボは利用する回線 、提供エリア 、最大通信速度ポイントに関してはどの光コラボを選んでも共通しています。

事業者によって料金設定やキャンペーンは自由に定められるので、「セット割」やキャンペーンの充実度のポイントで比較すると本当にお得な契約先がわかりますよ。

光コラボはスマホキャリアとのセット割が適用される回線を選ぶことで、家庭の通信費も一気に節約できます。